講師紹介

 

d30192_2babdee21bc848f89f12f613f9bbb8ec

山本奈津子(ヨガ・ピラティスインストラクター、管理栄養士)

担当クラス:ベーシックヨガ、ピラティス、マタニティヨガ、食事全般

母親の影響で幼少期からヨガを始める。「食」や「健康」に興味を持ち、2002年管理栄養士の資格を取得。約6年間食品メーカーでメニュー提案や商品開発に携わった後、ヨガ・ピラティスの養成を終了し、食と運動の両面からの指導を始める。特定保健指導、運動指導、ダイエット指導の総数、約1万人。指導者の育成や健康サービス開発などにも携わる。ヨガ哲学を基盤とし「あなたらしく、健康に、自分メンテナンス」をテーマとしたYOGA-FOODを考案し、食事指導や運動指導、レシピ提案を行っている。

d30192_29f0d34b90894b3b8dedce40c92cdc4a-mv2

境 美沙(ヨガインストラクター)

担当クラス:ベーシックヨガ、ママ&ベビーヨガ、マタニティヨガ

 ホットヨガスタジオにてインストラクターを経験後、さらにヨガを深めるため全米ヨガアライアンス、アシュタンガヨガ、マタニティヨガやベビーヨガなどの指導者資格を取得。2児の母となり、マタニティヨガや産後ヨガなど、出産前後の身体を整える女性の為のヨガクラスに力を入れています。ナチュラルな食事や生活を心がけ、ヨガを中心としたライフスタイル全体のサポートを目指しています。

d30192_714038929eca448db3b7f992b22d98bd-mv2

大島ペイチン(ヨガインストラクター)

担当クラス:骨盤調整ヨガ、やさしいヨガ、ママ&ベビーヨガ

 台湾生まれ、日本国籍。全米ヨガアライアンス 200時間、産前&産後ヨガ、陰ヨガ、妊活ヨガ、不妊治療ヨガなど様々な種類のヨガ養成講座終了。ヨガ歴約12年。ヨガを行うことで、ポジティブな心が得られ、日々楽しく過ごせることを身をもって実感し、指導者として活動を始め、現在もヨガの勉強を続けている。「頑張りすぎないこと」「周囲の人と比較しないこと」「素直な自分になれること」がヨガの魅力。皆が毎日笑顔で過ごせるようなヨガの指導を目指しています。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

髙橋やよい(ヨガインストラクター)

担当クラス:海ヨガ、山ヨガ、リトリート

 沖縄・西表島在中時、ふとした瞬間にヨガを始めようと思い2013年宮古島にて全米ヨガアライアンス認定 RYT200 インストラクター養成コースを修了。その後大手フィットネスクラブにてヨガ指導を始める。大自然の中で自分を解放し、呼吸をととのえ身体と向き合う時間のすばらしさをより多くの人へ伝えたいという思いから、2015年フリーインストラクターとなる。ヨガや自然を通して笑顔あふれるクラスを提供します。

伊藤愛美

担当クラス:リフレクソロジー、足つぼ

7年間公立学校の保健室の先生として勤務し、茅ヶ崎へ移住。様々な出会いから深く心と体のつながりを知りたいと退職、自然療法スクールマザーズオフィス フットリフレ、セレネスクール マタニティリフレクソロジーなどの養成、千葉県南房総市にある足と靴の保健室イチゴイチエにて足つぼ・リフレクソロジー・フットケアを学ぶ。その後、茅ヶ崎アールグレイハーブスクールにてJHSハーブインストラクターを学ぶなど勉強を重ね、自宅や横浜のサロンにてフットケアの施術を行っている。

【特別講師・監修】

d30192_457ec71b867448d2abda8b6664ada021 (1)

坂本薫(看護師、助産師、中医薬膳営養師、ヨガインストラクター、森林セラピスト)

 中学生の時に助産師を志し、2004年助産師免許取得。総合病院の産科病棟にて助産師として8年間勤務。沢山の出逢いと貴重な経験、自身の経験よりフィトセラピー(植物療法)や薬膳など様々な学びを深める。2012年病院勤務を常勤から非常勤へと変更し、同年、保健指導専門の菜の花助産院を開院。2016年長野へ移住。「本来の自分を取り戻し、受け継がれた命を輝かせて自分の道を歩んでいくためのお手伝い」をコンセプトに活動中。

Nahoko d’Entremontドントレモン 菜穂子(エアロビクス インストラクター、コアコンディショニングトレーナー、美姿勢エクササイズインストラクター、ペルビックスストレッチマスターインストラクター)

10年以上エアロビクスやヒップホップインストラクターとして活動最中、怪我をきっかけに骨盤エクササイズに出会い骨盤を取り巻く様々なインナーマッスルや筋肉の大切さを学び、現在は骨盤インストラクターとして複数のスポーツジムや公共施設などで活動中

坂本元太(消防士、登山ガイド、森林セラピスト、野外・災害救急法インストラクター)

リトリートの森林浴プログラム構築アドバイザーとしてご協力いただいています。

中学二年生の時に起きた阪神大震災から「生き物の命を守る」事に使命を感じ横浜市消防局に入る。消火・救助・救急・119番司令センターを経験する。 20才から登山を始め、国内・海外の山を登り人が持っている命の強さを学ぶ。 そんな中、自分自身が不妊症と分かり、心理的に落ち込む時期を経験する。 セルフカウンセリングを兼ねて心理学を学び、日本の自殺者、精神疾患の実情を知る。人々に「生命の強さ・素晴らしさ」に気付いてもらえる空間を提供すべく、2017年に長野に移住し妻の坂本薫とリトリートハウスの開業準備中。

 

8d02ab_17e5a994b2dc49b9b0737d4a84197716

妙輪寺住職

「癒しのリトリート」にて 写経レッスン、坐禅レッスンなど、ご協力いただいています。

 妙輪寺について